「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    休息時間保障などで前進/UAゼンセン/中小、前年比プラスを維持

     UAゼンセンが5月17日に発表した春闘妥結状況(4月末現在)では、勤務間インターバル規制(休息時間保障)や、65歳への定年延長など、労働条件に関する制度改善の成果が複数報告されている。賃上げでは、前年と比較可能な中小組合で前年プラスを維持。「底上げ・格差是正の取り組みが続いている」と評価した。

     社会的に関心の高い勤務間インターバル規制では、流通部門の8組合で制度を新たに導入し、2組合が、休息時間を8時間から11時間に延長するなどの見直しを行うことで労使が合意したという。労働時間短縮の課題では21組合が前進回答を獲得。年間所定労働時間の短縮は18組合で平均10・3時間、年間休日は同平均1・6日増となった。

     定年制度の改定では、112組合が65歳定年制を、3組合が定年制の廃止を要求。結果、3組合が65歳定年制導入にこぎ着け、37組合が同制度導入に向けた労使協議を開始する。

    (つづく)