「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    利用者虐待防止で集団協定/日本介護クラフトユニオン

     UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU、約7万2千人)はこのほど、介護事業40法人との間で、利用者への虐待防止に関する集団協定を締結した。管理者への研修や相談窓口の設置を行い、予兆や疑いの段階で虐待の芽を摘もうという内容だ。NCCUと、支部・分会のある介護事業法人とでつくる「介護業界の労働環境向上を進める労使の会」が8月7日、発表した。

     集団協定は(1)管理者への研修を含む教育システムの構築(2)心理的負担を軽減、解消するためのストレスマネジメントの実践(3)虐待を防ぐ経営方針の明確化(4)相談窓口の設置(5)相談・苦情の申し立てと通報者への不利益取り扱いの禁止――などを定めている。

     相談窓口は、法人内だけでなくNCCUにも設け、通報や相談があった場合に当該の法人に連絡する。通報については「事実確認ができない場合においても、予兆や疑いがある段階での相談について申し出ることができる」と早期の対処を重視している。

     ケア21やセントケア、SOMPOケアメッセージなど介護大手を含む40法人が締結した(表)。対象人員は約3万7千人に上る。(つづく)