「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    妥結平均額は5026円                         JAM3月末回答集計/100人未満中小がベアで健闘

     中堅中小の金属製造労組でつくるJAMの3月末段階の妥結平均額は5026円で、ほぼ昨年並みとなっている。ベースアップ分の平均は1332円。特に100人未満の87組合が1621円と健闘している。後続の中小労組が交渉の目安とする妥結基準については、ベアで1400円以上、平均賃上げで5300円以上を示している。

     3月末までに684組合が回答を引き出し、515組合が妥結した。妥結額の平均5026円は昨年同期比141円の微減。300人未満の中小労組は4777円と、これもほぼ昨年並みとなっている。

     回答状況について安河内賢弘会長は、「中小を含め製造業は回復基調にあり、地方の中小企業は相対的に人手不足が続いている。一方、大手はグローバル経済の影響が色濃い中、粘り強く100円玉を積み増す交渉を行った結果、ベア・賃上げの流れを内外に示した。これが中小労組を勇気づけ、大手を上回る回答を引き出す結果につながっている」と話す。

     中小労組では高額のベアも少なくない。ベア2千円以上の回答を引き出した組合は36組合と、他の規模別の集約と比べて圧倒的に多い。中には1万円を超えるベアを獲得した組合もあるという。(つづく)