「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    学問に対する冒とく行為だ                      「学者の会」が抗議声明/学術会議会員の任命拒否

     日本学術会議が推薦した会員6人の任命を菅義偉首相が拒否したことについて、「安全保障関連法に反対する学者の会」は10月14日、抗議声明を発表した。任命拒否(見送り)は違法行為だとし、(1)見送りの理由と経過を十分に明らかにすること(2)速やかに任命すること――を求めている。

     日本学術会議法は3条で政府からの独立をうたい、7条で総理大臣による任命権を制約している(任命は学術会議の推薦に基づくこと)。声明はその背景に「戦前戦中の国家による学問思想統制に対する反省」があると指摘。「会員の選考に政治が介入することはどの国においてもあってはならず、学問に対する冒とく行為だ」と厳しく批判した。

     

    〈写真〉会見で佐藤学学習院大学特任教授は「学者は真理の追究と論理については絶対に妥協しない」と語った(10月14日、都内)