「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    最低賃金へ高い関心/東京・渋谷/エキタスがサウンドデモ

     スクランブル交差点に最賃1500円を求める市民団体・エキタス(AEQUITAS)のサウンドデモが差しかかると、沿道にいた若者たちがリズムに合わせて手を振り、「給料上げろ」と声を上げた――。昨年12月22日、東京・JR渋谷駅前の光景だ。

     軽トラックの荷台にDJブースを乗せ、軽快な音楽とともに「生活苦しいやつ、声上げろ」「最低賃金1500円上げろ」とコールするデモのスタイルは、若者らに好評だ。

     アルバイト先に向かう途中だという男性(19)は、「(デモの)やり方がユニーク。周りを不快にさせないところが良い。思っていることを、声に出すって大事っすよね」と、動画を撮りながら興奮気味に話した。

     

    ●最賃が沿道の話題に

     

     デモを見ている人たちの中では、「最低賃金ってなに?」「東京は家賃が高すぎる」と話す男性のグループや、2人で「給料が上がっても(扶養控除がなくなる)103万円の壁があるからね」「(1500円も)会社は払えないよ」など、批判的な意見も含めて知人と話し始める姿も複数見られた。

     

    ●消費の活性化が必要

     

     料理を配達するウーバーイーツで働く20代男性は「僕には関係なさそうだけど、地方の時給は上げた方が良い。田舎は本当に過疎化している」と話した。

     雨の中、居酒屋の宣伝をしていた中国出身の女性(25)は「昨年10月からアルバイトの時給が上がってうれしい。時給が1500円になったら? 生活が苦しいので、すごく助かる」と笑顔になった。

     友人の結婚式の帰りだという30代男性は栃木県で牧場を経営している。「1500円くらいなら上げてもいいと思う。経済を底上げしないと消費が活性化しないし、日本の発展にもつながらない。全国一律? 良いと思うよ」と語った。(つづく)

     

    〈写真〉デモでは「最低賃金を1500円に これは新しい『常識』です」というリーフレットも配った(2019年12月22日、都内)