「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    特信版最新記事

    こんなときどうする?  労働相談から

    始業30分前に出勤して職場の掃除をしなければなりませんが、納得できません。


     始業時間前の職場の掃除や朝礼を早出サービスとして行わせている会社は、今でも見かけることがあります。

     労働基準法上の労働時間は、使用者の指揮命令下に置かれている時間をいいます。労働時間に当たるかどうかは、労働契約や就業規則の定めによらず客観的に評価されます。なので、労働者が実作業に従事している時間だけではなく、始業時間前の準備行為などであっても、会社から義務づけられていると客観的に評価されるような場合には、労働時間にあたります。

     従って、始業時間前の職場の掃除も、行うことを会社から義務づけられていると評価される場合には労働時間にあたります。明示的に掃除を指示されている場合はもちろん、職場の慣行として掃除をすることが当然となっていて、任意のものと評価できず、会社も黙認しているといったような場合にも労働時間と評価されるでしょう。

     労働時間に当たる場合には賃金の支払の対象となりますので、早出サービスといって、無償で従事させるのは違法です。始業時刻から仕事を始めるのが本来です。職場の掃除は始業時刻から行うようにする、始業時刻前から行うのであれば残業代を支払うといったことを、労働組合や職場の仲間と一緒に会社と話し合ってみましょう。

    (弁護士 梅田和尊)