「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    特信版最新記事

    セルフコンパッションでうまくいく!

    ㊸目標を達成するために

     新しい年の目標を設定する時にも、セルフコンパッションが役に立ちます。自分に優しさと思いやりを向けると、人により優しくなり、目標に向かってよりがんばることができ、よりよいリーダーシップを取れることも、さまざまな研究でわかっています。

     想像してみてください。スポーツジムでトレーニングして力尽きた時、「おまえはだめなやつだ。しっかりしろ」というコーチと、「限界までがんばれるのはあなたの力。よくやった!がんばったね。明日もやってみよう」というコーチ。どちらが持続可能な力を与えてくれるでしょうか。

     そうです。コンパッションによる動機づけは、あなたの「持続可能性(サステナビリティ)」を高めてくれるのです。自分にプラスになることを、より健康的なやり方で、より長くがんばることができます。

     そのためには、自分のいいところや限界、疲労度を理解したコーチと相談するように、自分への思いやりを持って目標を定めます。例えば「10㎏やせる!」ではなく、「無理なく健康的に1年で3㎏くらい落とす気持ちで、間食も5割控えよう」という感じです。

     実行に移す時も、例えばいつもおやつを買うコンビニの前で立ちどまり、深呼吸をして「あなたならできる。あなたのことが大切だから、体に気を使ってほしい」と大切な親友にかけるような言葉を自分にかけます。スパルタコーチに付くよりも、ずっとたやすく目標が達成できるはずです。