「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    「憲法くん」米国へ

    コメディアン 松元ヒロさん


     ドキュメンタリー映画の撮影のため米国ワシントンを旅行してきました。忘れられない思い出がたくさんできたといいます。

     ホワイトハウスの門前で核廃絶を訴える男性と出会ったり、ホームレス支援センターで配食のボランティアを手伝ったり…。射撃場で銃を打つ体験もしました。

     日本のコメディアンとして、ライブハウスにも登場。

    コントやパントマイムを披露しました。

     演目は日本のファンにはおなじみの「憲法くん」。ヒロさんが日本国憲法になりきって、恒久平和や戦力不保持を訴えるものです。

    「パントマイムでは、爆笑していた観客が、『憲法くん』のときはシーンとして…。反応のなさにガックリして舞台を降りたら、たくさんの人に声をかけられた。『戦争を禁じるなんて法律が日本にはあるのか?』『何てすばらしいんだ』――コントを聞いても、みんなすぐには信じられず、反応できなかったんですね」

     米国デビューした「憲法くん」。今後の各国での活躍も期待したいですね。

     

     まつもとひろ

     鹿児島県生。88年コント集団「ザ・ニュースペーパー」に参加。98年に独立。政治風刺やパントマイムのライブで活動中。著書に『憲法くん』(講談社)