「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    社長の一喝で脱輪/19年トヨタ春闘/今後の連合春闘に影響か

     トヨタ自動車労組執行部が提出した19春闘妥結案について、評議会(3月28日)で、反対1、保留1が出た。評議会はほとんどが満場一致だが、反対が出るのは極めて異例だ。

     トヨタ労組が今春闘で要求したのは、定期昇給などを含めた総額1万2千円。昨年、会社側はベア額を公表しなかったが、今年は組合側がベア要求額を明らかにしなかった。

     回答は、昨年より千円低い1万700円。年間6・7カ月を要求した一時金については、夏だけの120万円で、冬は秋の労使協議会であらためて議論するというものだった。長年、満額回答が当たり前だったトヨタの一時金回答方式が崩れた。

     

    ●「生きるか死ぬか」

     

     トヨタの春闘が異例、異常な事態になったのは、第3回労使協議会(3月6日)での豊田章男社長の一喝だった。

     「今回ほど、ものすごく距離感を感じたことはない。こんなに噛(か)み合ってないのか。(トヨタの)生きるか死ぬかの状況がわかっていないのではないか。背中(会社)にも言っているし、こっち(組合)にも言っている」

     トヨタの職場で繰り返される「生きるか死ぬか」の言葉。自動車産業が米IT企業なども巻き込んだ「CASE」(コネクティビティー〈接続性〉、オートノマス〈自動運転〉、シェアード〈共有〉、エレクトリック〈電動化〉)と呼ばれる「100年に1度の大変革の時代」(豊田社長)に、「トヨタが生き抜くことができるのか、それとも終焉(しゅうえん)を迎えるのか」(「同」)と危機感をあおってきた。

     

     

    ●労使対等はどこに?

     

     「社長の一言で労使協の場は凍り付いただろう」(トヨタ労組役員OB)というほどの衝撃だった。しかも、この労使協議会の動画がネットの「トヨタイズム」で流され大騒ぎになった。労使協議会の模様が外部に出たのは初めてである。

     慌てた労組執行部は、「評議会ニュース」の緊急特集号を出し、「トヨタがおかれている状況の甘さを深く反省」すると社長に謝罪した。「労使宣言」(1962年)以来、労使協調主義を貫いてきたトヨタ労組。会社との「相互信頼」と「相互責任」を、少なくとも「車の両輪」としてきた労使宣言路線。それは労使対等を前提としたはずだったが、社長の一喝に屈したことで組合側の車輪はその路線から脱輪してしまった。(つづく)