「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    「軍隊より暮らしを優先」                      ロベルト・サモラ弁護士/コスタリカ憲法の意義を語る

     1949年の憲法改正で常備軍を廃止した中米のコスタリカ。その国で平和運動に関わってきたロベルト・サモラ弁護士(38)が6月8日、都内で講演し「平和を実現するには軍隊より暮らしと人権が大事」と語った。サモラ氏は政府を相手取った訴訟で「平和は権利である」との判決を勝ち取った経験も持つ。講演会は、市民グループ「コスタリカに学ぶ会」や日本国際法律家協会などが主催し、約200人が参加した。

     

    〈写真〉講演するサモラ氏

     

    上・83年に永世非武装中立を宣言

     コスタリカ憲法は常備軍の保持を禁止している。日本国憲法9条の非武装規定に通じる内容だ。事実上の軍隊である自衛隊のような組織もなく、自衛権行使が必要な場合のみ再軍備できる仕組みである。

     サモラ氏は「1948年の革命を経てまず手を付けたのが憲法改正。民主主義にとって軍隊は危険であり、やめようと決めた。軍備に使うお金を教育と衛生(医療・福祉)に回し、人々が平等で平和に暮らせるようにと、電力、電話、水道、銀行、学校を国営にした」と語った。

     戦争と軍隊をなくすだけでは平和な社会にならないためで、「権利が保障されて一人一人が尊重され、生活に必要なものが手に入る状態こそが必要だ」とし、憲法改正はその具体化だったという。

     コスタリカで注目すべき政策として、常備軍禁止と併せて永世非武装中立宣言(83年)を挙げた。当時、隣国のニカラグアの左派政権を威嚇したい米レーガン政権が、コスタリカ領内への米軍基地建設を要請してきた。「米国は『認めなければ経済支援を打ち切る』と脅してきたが、モンヘ大統領は国際法を盾にこれを拒否した。その際に出されたのが永世中立宣言だ」

     宣言は(1)戦争反対(2)意見や政策の違いを克服する手段としての暴力の否定(3)戦争は最終的には不合理だとの確信(4)戦争は政治と外交が失敗した結果(5)平和を目指すのは私たちの義務――という内容。サモラ氏は「平和を目指すことが唯一の道であり、私たちはそのことに誇りを持っている」と語った。