「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    雇い止めの中止を/北大に有識者がアピール

     労働契約法による無期転換が本格的に始まる4月を前に、有期雇用労働者を雇い止めにしようという動きが相次いでいる。その一つである北海道大学に対して3月8日、同大教授や弁護士らがアピールを発表。「5年雇い止めルールの撤廃と非正規職員の無期雇用転換」を求めた。

     北海道大学では、就業規則で雇用期間が最長5年とされており、上限を超える職員を3月末までに雇い止めする意向だ。同大では現在、1700人の非正規職員が働いている。

     アピールは「大学は市民社会における模範となるべき存在であって、このような脱法行為と言われても仕方が無い方針の採用は、自らの社会的な評価を著しく損ねるものだ」と指摘。教育・研究活動を進める上で非正規職員の支えが不可欠だとし、雇い止めをやめるよう求めている。