「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2016年

    10月

    18日

    相次ぐ改悪の動きに怒り/年金者組合が「一揆」集会

     相次ぐ年金制度改悪の動きに受給者らが怒りの声を上げた。10月14日に都内で開かれた全日本年金者組合による「年金一揆」集会。首都圏から2400人が参加し、「年金を下げるな」「年金積立金は株に投資するな」とアピールした。

     年金者組合は、2012年の法改悪による年金削減(2・5%)を憲法違反だとして、全国で裁判闘争を進めている。冨田浩康委員長は、裁判原告が4600人を超えたことを報告。運動の広がりに確信を持とうと呼び掛けながら、「平和で安心して暮らせる社会を次世代に引き継ぐため、さらに地域で手を広げ、手を結ぶ活動を」と訴えた。

     集会を共催した全労連の小田川義和議長は、政府が臨時国会で成立を狙う年金給付抑制法案(年金カット法案)について「許されない内容。今こそ国民的な一揆が必要だ」とエールを送った。

     年金者組合が集会に向けて募った「むしろ旗川柳コンクール」では、神奈川県の栗山稔康さんが最優秀賞を受賞した。「欲はなし『最低保障』は血の叫び」という作品だ。今年は野党共闘をテーマにしたものも目立った。

     

    〈写真〉「年金下げるな」と訴える神奈川港北支部の皆さん(10月14日、都内で)

    コメントをお書きください

    コメント: 2
    • #1

      Carissa Tollett (水曜日, 01 2月 2017 09:31)


      Thanks for one's marvelous posting! I certainly enjoyed reading it, you are a great author. I will always bookmark your blog and definitely will come back in the future. I want to encourage you to definitely continue your great posts, have a nice day!

    • #2

      Angella Provenza (金曜日, 03 2月 2017 17:53)


      I all the time emailed this web site post page to all my friends, as if like to read it next my links will too.