「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    「改憲反対」と5万5千人/東京で集会/安倍政権打倒をアピール

     70年目の憲法記念日(5月3日)、東京の有明防災公園で5万5千人を集めて憲法集会が開かれた。幅広い団体でつくる集会実行委員会が主催。改憲に反対するとともに、戦争法の廃案、共謀罪創設法案阻止、沖縄の米軍基地建設反対などをアピール。市民と野党が力を合わせて安倍政権を打倒しようと訴えた。

     集会の名称は「いいね!日本国憲法―平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」。平和フォーラムや憲法共同センターなどが、それまで別々だった憲法集会を2年前から一緒に開いている。

     

     

    ○集会での訴えから

     壇上で訴えた政党代表や識者の発言から、ハイライト部分を紹介する。

     

    ○憲法の光、いまだに当たらず/「沖縄の風」の伊波洋一幹事長

     

     沖縄は45年前、日本に復帰した。だがいまだに憲法の光は米軍基地の陰で遮断されている。