「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    「引っ越しのサカイ」で労組結成

    上・康で長く働ける職場に/6人の若者が立ち上がる

     引っ越し大手「サカイ引越センター」の低賃金と長時間労働を改善しようと、川崎市内の支社で働く20代の労働者6人が、全労連・全国一般労働組合神奈川地方本部に加入し、サカイ引越センター分会を結成した。

     同社の平均勤続年数は7年弱。組合員は、若者を「使い捨て」にする職場の現状を指摘し、「健康で長く働き続けられる職場に改善したい」と訴える。結成後、組合つぶしの動きも見え始めた。6月17日に都内で会見を開き、詳細を明らかにした。

     

    ●勤続歴、わずか7年

     

     同社(本社・堺市)のホームページによると、190の支社・事業所があり、正社員は約6100人。平均年齢は33歳で勤続歴は7年弱と短い。分会を結成した支社でも20代の労働者がほとんどだという。組合員は「新しい人が入社しても過酷な労働環境で次々に退職する。『引っ越しのサカイ』を健康で長く働き続けられる職場に改善したい」と訴える。

     残業は月平均70~99時間で、引っ越しシーズンの繁忙期(3~4月)には120~130時間の残業になる。そのうえ終業のタイムカード打刻後の作業を強いられることもよくあるという。大森陸分会長(25)は「長時間労働で睡眠不足。慢性疲労の中、トラックを運転せざるを得ず交通事故も起きている」と語った。

     組合は、厚生労働省の「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(トラック運転者)」(1997年施行)である「1日拘束原則13時間」「勤務間の休息は継続8時間以上」が守られていないとして、労働基準監督署に申告した。

     

    ●最賃割れの可能性も

     

     組合員の給料明細書によると、25歳正社員で基本給は6万円。月の所定労働時間を超え、過労死認定基準である月80時間以上残業しても、支給総額は約31万円に過ぎない。

     給与の内訳は、新規開拓手当など17項目以上の手当があり、収入の大半を占めている「業績給」は、支給基準や計算の根拠が不明な点が多く、月によって変動するという。神奈川地本の水谷正人委員長は「実際は歩合給となっている」と話す。現在、労働基準監督署と精査中で、計算の仕方によっては神奈川県の地域別最低賃金を下回る可能性もあると指摘している。

     

    〈写真〉「寮生活をしている。無断で部屋に立ち入られることがあった」と話す小熊翼副分会長(右端、6月17日、都内)

     

    下・全国から期待の声/一方で露骨な組合潰し始まる

     20代の労働者6人が全労連・全国一般労組神奈川地本に加入し、5月4日に分会を結成。6日後には会社に組合結成通知を提出した。組合員名を公表し、全国の同僚たちにともに職場をよくしようと呼び掛ける「公然化」に踏み切った。

     会社側はその直後から、他の労働者への個人面談を行い、「神奈川の支社で組合ができたのを知っているか。組合に入ったら残業できないぞ」と、労組活動を妨害する発言をしているという内容の告発が寄せられている。

     公然化した組合員はその後、一つの「作業チーム」を組まされ、仕事量を極端に減らされた。手取りは約10万円にまで減った。大森分会長は「1日2、3件の引っ越し作業をこなし、早く終われば他の現場に応援に行くのが通常。私たちのチームだけ1日1件しか割り振られず、応援に行くことも許されない。組合に対する嫌がらせだ」と話す。

     神奈川地本と分会は仕事量を減らされたことは不当労働行為だとして神奈川県労働委員会に近く救済申し立てをする予定だ。

     

    ●全国の従業員が注目

     

     結成後、分会のホームページを立ち上げると、全国の支社・事業所の労働者からの激励や告発、問い合わせが相次いだ。中には「(過労死認定基準をはるかに超える)月180時間の残業をしている」「10日間連続で休まず勤務」など深刻な実態告発もあった。個人面談が行われた時期から「匿名での連絡が多くなったが、ホームページのアクセス数は変わらず1日350~450件あり、注目されている」と神奈川地本の関係者は話している。

     

    コメントをお書きください

    コメント: 2
    • #1

      吉田 (日曜日, 27 6月 2021 09:26)

      一部上場企業でありながらパワハラ・モラハラ日常化で組合を作らせず、組合があるホワイト企業、一部上場企業の引っ越しを請け負うなんて許せません。やはりその部分は安いからではなく全労連で組合がある会社を使うべきではないかと思います。

    • #2

      鈴木朝男 (木曜日, 29 7月 2021 12:49)

      頑張って下さい