「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2016年

    11月

    24日

    南スーダン派遣は間違いだ/米退役軍人が訴え/憲法9条死守をアピール

     米国の退役軍人らでつくる平和団体「ベテランズ・フォー・ピース」のメンバー2人が来日し、総がかり行動実行委による11月19日の国会前行動に参加した。2人は「駆け付け警護」など新任務を付与された自衛隊の南スーダン派遣について、自らの従軍経験を踏まえて「無実の人々を殺すことになる」と警告。憲法9条を世界の宝として守ってほしいと訴えた。国会前行動での発言を紹介する。