「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2016年

    12月

    13日

    最賃1500円なら「まず病院」/エキタスの呼び掛けに回答

     「モヤシ以外の野菜も買おうかな」「まず病院へ行く」――「最低賃金1500円になったら…」という問いにインターネットを通じて答えた人びとの声だ。そこからはリアルな生活苦の現実が浮かび上がる。

     呼び掛けたのは、労働問題を軸に社会正義の実現を求める若者のグループAEQUITAS(エキタス、ラテン語で公正の意味)だ。140文字以内の短文の投稿をウェブで共有するサービスのツイッターを通じて呼び掛けた。誰もが見ることができ、簡単な登録をすれば投稿することもできる。

     12月4日に都内で行った「上げろ最低賃金デモ」に向けて事前に発信し、数多くの声が寄せられるなか当日を迎えた。デモ終了後も投稿は続いている。

     エキタスメンバーの原田仁希さんは「時給1500円はぜいたくだと言われることがあるけど、そうではなく切実な要求なんだということが可視化できる」と指摘。その上で「他人事としてでなく、当事者である個人が思いを語ることが大事」と話している。

    コメントをお書きください

    コメント: 1
    • #1

      Roger Gruner (木曜日, 02 2月 2017 23:40)


      Thank you for the auspicious writeup. It in truth used to be a amusement account it. Glance complex to far added agreeable from you! By the way, how can we keep in touch?