「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2017年

    2月

    14日

    海外労働短信/ウーバー社も反発/移民排除の大統領令

     米国でトランプ大統領が署名した移民排除の大統領令に反発が、財界人にも広がっている。2月初めにはアプリによるタクシー配車事業を展開するウーバー社のトラビス・カラニク最高経営責任者(CEO)が大統領の経済諮問グループを離脱した。

     マイクロソフトやアマゾン、グーグルなどIT系大企業の経営者も大統領令を批判している。

     ウーバー社ドライバーの多くは移民であり、大統領令への反発を強めていた。カラニク氏は「経済諮問グループのメンバーだからといって、大統領令を支持しているわけではないが、そう受け取られてしまっている」と指摘。その上で「大統領令はこの国の多くの人々を傷つけている」とのコメントを発表した。