「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2017年

    3月

    04日

    結果につなげる交渉を/私鉄総連が春闘決起集会

     私鉄総連は3月2日、都内で春闘の決起集会を開いた。関東を中心に約3千人が参加。田野辺耕一委員長は「要員不足を解消するためにも賃金改善が必要だ。月例賃金にこだわり、結果にこだわる私鉄春闘を」と呼び掛けた。

     私鉄は今春闘でベア5600円を要求している。大手組合の回答指定日は3月16日(14時)、中小組合は同21日(15時)とし、交渉の追い上げを図る。

     東武鉄道労組の金崎英明企画部長は「3年間の賃上げによっても生活の厳しさは変わらず、この要求は譲れない」と訴えた。