「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2017年

    3月

    14日

    海外労働短信/FIFAが人権諮問委/建設労組代表も委員に

     国際サッカー連盟(FIFA)は3月10日、人権擁護のための独立諮問委員会を発足させたと発表した。企業や市民グループ代表、国連担当者ら8人の専門家で構成し、労働組合からは建設関係の国際組織BWIの書記長が参加している。

     主催するワールドカップなどでは、スタジアム建設やボール・ユニホーム製造をめぐり、強制労働や労働法違反が繰り返されてきた。BWIなどはこれまでも「労働者の権利を尊重せよ」と訴えてきた経緯があり、今回の諮問委員会設置も「前進に向けた第一歩」と歓迎している。

     諮問委員会は最低年2回開かれる。FIFAに提言を行い、履行状況も毎回チェックするという。