「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    2017年

    4月

    18日

    海外労働短信/公共料金値上げに反発/アルゼンチンでゼネスト

     アルゼンチン労働総同盟(CGT)は4月6日、マクリ政権の経済政策に反対してゼネストを行った。交通、工場、学校、商業、港湾、建設、石油など広範な産業で操業が止まり、組合は「成功した」と述べている。

     組合は政府による公共料金引き上げに強く反発。労働者の購買力低下や、医療・石油輸送にかかわる労組グループとの協議拒否も批判している。

     建設労組のジェラルド・マルチネス書記長は「ストは、われわれが望む回答を政府が行わないことに対する、対抗手段だ」と指摘。組合は物価引き下げや、規制緩和など貧困を促進する政策の中止を求めている。