「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    「憲法を壊してはいけない」/世界平和アピール七人委員会/高村薫さんらが鎌倉で講演

     核兵器廃絶や憲法擁護を訴える「世界平和アピール七人委員会」が11月16日、神奈川県鎌倉市で「壊してはいけない日本国憲法」のテーマで講演会を開いた。鎌倉・九条の会との共催で、600人を超える市民が集まった。

     小説家の高村薫氏ら7人のメンバーが全員スピーチし、その後、市民からの質問に答える形でパネル討論が行われた。

     高村氏は現行憲法について「天皇制を残したまま、立憲主義をうたうのは、おそろしく『あいまい』なもの」と表現。戦後70年経っても、憲法の理念がすべての国民に浸透してはいないが「『あいまいさ』ゆえに変える必要はない。改憲を望む国民は多数派ではないし、国会軽視の一内閣の都合で改憲するのは危険」と述べた。

     自身のめいが10月の衆院選前に「自民党に投票する」と発言したことも紹介。若年層ほど「時代に合う合理的な憲法」を訴える自民党に同調する傾向があるのでは、と提起した。

     対策としては「若者が親しんでいるインターネットの論法に合わせた言葉を用意しなければならない」と強調した。小沼通二氏(物理学者)がこの日、「少子高齢化で、財政赤字が続く日本に(ヒトもカネも多大に必要とする)戦争ができるわけがない」と指摘したことに触れ、「そういう言葉が有効」と述べた。

     七人委員会の現メンバーは、武者小路公秀(国際政治学者)、小沼通二(物理学者)、池辺晋一郎(音楽家)、池内了(宇宙物理学)、高村薫(小説家)、大石芳野(写真家)、島薗進(宗教学者)。