「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    介護現場から「♯Me Too」続々/日本介護クラフトユニオン/組合員に深刻なセクハラ被害

     UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(約7万800人)はこのほど、介護サービス利用者や、その家族からのセクハラ被害を訴えるアンケート結果(中間報告)を発表した。自由記述欄にはセクハラ被害を訴える、介護現場からの告発「♯Me Too」が続々と寄せられている。

     アンケートは利用者、家族からのハラスメント(嫌がらせ)全般について聞いた。4月10日、全組合員を対象に調査票を送ったところ、20日までに1054件を回収。セクハラ被害の報告が短期間で多数寄せられたことから、急きょ中間報告を行ったという。

     自由記述欄には「キスをされた」「体を何度も触られた」「性的な相手をするよう要求される」などの具体的な被害の訴えが延々と続く。利用者だけでなく家族からの被害も。中には刑事事件として扱われるべきものもある(表)。

     「加害者」には認知症患者も一定数含まれる。染川朗事務局長は「(セクハラ被害の)原因の1~3位は認知症や精神疾患によるものではない。認知症の方の言動にはストレスを感じないが、しっかりした人や家族からの暴言、暴力は許せない」と話す(グラフ)。

     アンケートで、セクハラを受けたことがあると答えた人は、女性が32%で、男性は12%。内容は「サービス提供上、不必要に個人的な接触を図る」が51%で最も多く、次に「性的冗談を繰り返したり、しつこく言う」が47%、「性的な関係を要求する」も10%ある(複数回答)。このうち、52%が「強いストレスを感じた」と答え、4%が精神疾患の罹患を訴えた。

     「誰かに相談した」は79%。相談先の半数が上司だが、相談後も「変わらない」は全体の47%にも上る。「相談しなかった」と答えた19%のうち「相談しても解決しないと思った」が44%で最も多かった。

     解決を阻んでいるのが、「介護職はがまんするのが当然という風潮」(自由記述)だ。調査を担当した村上久美子副事務局長は「事業者がしっかり守ってほしい。黙ってがまんするしかないということはあってはならない」と話す。人材流出防止にも関わる問題。6月以降、調査結果を分析し改善策を検討する。