「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    結審を9月に先延ばし/東京高裁の郵政20条裁判

     有期雇用労働者への不合理な格差を禁止する労働契約法20条を活用した郵政産業労働者ユニオンの裁判(東京高裁)が、8月2日に結審せず再び延期された。被告の日本郵便が結審延長の上申書を提出したためで、次回期日は9月25日。

     結審は4月に予定されていたが、同じ20条裁判(長澤運輸、ハマキョウレックス)の最高裁判決を踏まえて主張を補充するために、この日まで延期された経緯がある。

     原告側代理人の水口洋介弁護士は「会社側は裁判の引き延ばしをしている」と批判した。