「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    相次ぐ無罪判決を批判/性暴力問題で抗議集会

     「性暴力と性暴力判決に抗議する集会」が4月11日、JR東京駅近くの行幸通りで開かれた。作家の北原みのりさんらがツイッターで呼び掛け、女性を中心に約500人が集まった。

     参加者は、レイプ事件裁判で3月以降に無罪判決が相次いでいることを厳しく批判。「加害者を罰せず、被害者が苦しみ続ける状況を放置できない」「財務省官僚や麻生大臣とともに、裁判官にもセクハラ研修を義務付けるべきだ」などの声が相次いだ。

     

    〈写真〉参加者は「性暴力が容認される社会を変えよう」と訴えた(4月11日、都内)