「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    留学生が日本語学校を提訴/不当な退学処分で帰国強要

     フィリピン人の語学留学生Aさん(30代、女性)が6月26日、違法な退学処分を受けた上、帰国を強要されたとして、日本語学校を運営するホツマインターナショナルに約165万円の損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴した。

     

    ●待っていたのはただ働き

     

     「約3万円払えば、日本へ留学できる。食費、寮費はただ。ホテルのような環境に住める」

     フィリピンの介護と看護の資格を持つAさんは、こんな甘い言葉で留学を勧誘された。実際に準備を進めると、日本語学校の紹介は後回しで、介護施設職員による面接試験がフィリピンで行われた。費用も膨らんだが、後戻りできず、Aさんは貯金30万円を崩し、ブローカーから11万円を借金した。

     昨年4月に来日すると、神奈川県内の介護施設で働きはじめた。留学生の在留資格では週28時間まで働くことが可能だ。しかし、それとは別に最長で月37時間分の「留学生(ボランティア)」という無償労働がシフト表に組まれていた。会社は無償労働で支払われるはずの賃金を寮費(5人部屋)の3万5千円に充当し、不足すれば別途、請求すると説明。事前に説明のない奨学金も貸し付けられ、月給から1万2千円が天引きされていた。

     Aさんは昨年末、無償労働に抗議すると、施設の寮から追い出され、日本語学校の寮に移された。今度は日本語学校が退学を迫り、帰国を強要。部屋に男性職員らが居座り、5時間近く監視されたという。Aさんは帰国に応じるからと職員らを説得し、部屋から帰すと、荷物を置いたまま脱出した。

     総合サポートユニオンに加入して交渉した結果、施設と今年4月に和解。施設は労働基準監督署から是正勧告を受けた。

     語学学校を卒業したら、専門学校に進学し、介護資格を取って日本で働き続けるつもりだったという。「現地ブローカーも最終的には就労ビザで日本に居続けられると説明していた。日本は夢のような国だとだまして、外国人を勧誘するのはやめてほしい」と訴えた。

     

    ●事件は氷山の一角

     

     代理人の指宿昭一弁護士は、現地ブローカーと日本語学校、施設の3者が一体となって奴隷的拘束で働かせ、文句を言えば強制帰国させる仕組みだと批判する。「留学生を食い物にして搾取する典型的な事例。本人が強い意思で逃げ出し、支援を受けられなければ、帰国させられていた。似たような人はたくさんいるはず」と述べ、訴訟に至るケースは全国的にも珍しいと指摘した。

     支援にあたるNPO法人POSSE外国人労働サポートセンターの岩橋誠さんは「権利侵害が見えたのは氷山の一角だ。手遅れになる前に人権侵害を告発していく」と語った。

     

     〈解説〉実態解明は急務

     

     訴訟を起こされたホツマインターナショナルは東京や、岐阜、大阪で日本語学校を運営する会社だ。同社が作った強制帰国の段取り表には、担当するスタッフ3人の名前、30分刻みの帰国スケジュール、介護施設の給与の差し押さえ額と相殺金まで詳細に書かれ、慣れた様子もうかがえる。

     さらに、ホツマインターナショナルと同じ住所、代表者も同姓同名の登録支援機関B&B社も存在する。登録支援機関は、改正入管法で新設された在留資格、特定技能1号の外国人を雇用する際に必要な生活などの支援計画を行い、生活をサポートする届出制の団体だ。

     特定技能1号でも支援と称して、Aさんのような人権侵害が発生する可能性は否定できない。組織的な外国人の人権侵害の実態解明と救済が求められている。

     

    〈写真〉「日本は夢のような国だと外国人をだますのはやめて」と訴えるAさん(6月26日、都内)

     

    コメントをお書きください

    コメント: 2
    • #1

      匿名 (土曜日, 06 7月 2019 06:10)

      金額が165万円は高すぎると思うんですが、結局はお金がほしいだけですか?

    • #2

      popp (火曜日, 09 7月 2019 17:23)

      Yes, what mean 165 million.