「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    核兵器廃絶目指し署名さらに/ヒバクシャ国際署名連絡会/活動推進へワークショップ

     「先日、妻が亡くなった。『自分がいなくなっても核廃絶へ向けて頑張んなきゃいけないよ』という彼女の遺言を胸に参加している」――核兵器禁止条約採択から2年、ヒバクシャ国際署名推進に向け、被爆者の田中煕巳さんが語った。同署名連絡会が7月6日、都内で開いたピースウエーブ2019でのあいさつ。

     参加者は核兵器廃絶を目指すこれまでの活動を振り返り、グループに分かれてワークショップを行った。「活動量の減少」「マンネリ感がある」などの課題を挙げ、どうしたらいいかアイデアを出し合った。「署名に応じてくれた人を活動に誘う」「学校などで署名を広げたい」といった提案だ。

     高橋悠太さん(18)は「若者が署名に抵抗があるのはなぜか、というテーマで話し合った。署名の意義を相手に伝えるには被爆者の苦しみを感じ、学び、思いを共有してもらうことが不可欠。『被爆体験を聞こう』と構えるのではなく、被爆者を大切な人として、対話できる場を」と求めた。

     濱住治郎日本被団協事務局次長は「原爆が人間に何をもたらしたのか、もっと伝える場をつくりたい。来年5月には国連で原爆展を計画している」と述べた。

     

    〈写真〉参加者の意見を付箋に書き出して話し合うワークショップ。「ヒバクシャカフェを開いたら?」「文化的なイベントと一緒に」などのアイデアが出された

    〈写真〉後のダンボール箱には今まで集めた署名の一部(110万筆)が収められている。目標とする2020年へ向け、さらに集めようと決意を固め合った(7月6日、都内)