「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    海外労働短信/アマゾン労働者がスト/イタリアの物流部門で

     イタリアのアマゾンで働く物流部門の労働者数百人がストライキを行った。作業のスピードアップや低賃金、不十分なコロナ対策などへの抗議だ。サービス関連の国際労働団体UNIが2月16日付ニュースで紹介している。

     組合は「同社の低賃金や作業スピードはとても持続可能な働き方とは言えない」と批判した。配送部門の労働者は、危険な道順に従うよう強制されることにも不満を表明した。

     ヨーロッパのアマゾンでは2013年以降、スペインやドイツ、フランス、イタリアの労働者がたびたびストライキを実施してきた。コロナ禍の中で、安全を軽視する同社の姿勢が明らかになり、労働者の反発が一層強まっている。