「機関紙連合通信社」は労働組合や市民団体の新聞編集向けに記事を配信しています

    〈働く現場から〉チョコを売るフィリピン女性/ジャーナリスト 東海林智

     「ワタシ チガウヨ」

     「いくらなんだよ。ハウマッチ?」

     仕事を終え、自宅に帰る道すがら。男女の争うような声が聞こえてきた。もめていたのは、アジア系の外国人女性と日本人のサラリーマン。

     

    ●慎重に介入すると…

     

     私が暮らす東京・高田馬場ではあまり見かけないやりとりだが、近隣の新宿・歌舞伎町や大久保近辺では、何度か目撃したことがある。男が買春を試みて女性に声をかけているのだ。

     歩く速度を遅くして、聞き耳を立て、2人をよく見ると、幼い顔立ちの女性は20歳前後か、マスクからのぞく目は今にも涙が吹き出しそうだ。手には「コロナで仕事がなく生活に困っています。チョコレート500円」と書かれたボードを持ち、かわいく袋詰めにされたブルーとピンクの包み紙のチョコレートがたくさん入った紙袋を二つ持っていた。

     大まかな事情を〃推測〃し、このままじゃまずいなと思い、男を逆上させないように、慎重に介入した。財布を手に、女性に「あ、チョコ売ってんの。一つもらおうかな」と話しかけ、2人の間に体を入れた。すると、彼女は「一つ500円。二つ味があります。オイシイデスヨ」と答えたので、「じゃもらう。どっちの味がいいかな」と話し始めると、男はそそくさと姿を消した。

     

    ●コロナで仕事無く

     

     腕っ節に自信があるわけではないので、正直ドキドキだったが、男が戻って来ないかを確認する意味も含めて、しばし彼女と世間話をした。暴力を振るわなくても、「路上で物を売っている外国人がいる」と警察に告げ口をする者もいるので、そのときの対応も考え20分ほど、現場に2人でいた。

     彼女の話によれば、2年前にフィリピンから日本に来たという。日本語学校に通いながら、ハウスキーパーのバイトをしているという。たどたどしくはあっても、日本語で意思疎通がちゃんとできる。新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、週に3回あった仕事は、ステイホームの影響で徐々に減り、今年の2月には完全に仕事が入らなくなった。この間、別の仕事も探した。飲食店やコンビニなど外国人が働けそうな現場に足を運んだが、全く仕事がない状態だという。

     わずかな蓄えを取り崩し、同胞やフードバンクなど頼れる手段をフルに使って生活してきたが、どうにもならなくなり、チョコを売りに街に立った初日の出来事だった。

     

    ●同胞同士の互助会?

     

     この話を大まかにフェイスブックに投稿したところ、都内各地で「チョコを売るフィリピン人にあった」との書き込みがあった。どういうシステムなのかは分からないが、同胞同士の「互助会」のような組織があり、チョコを仕入れて販売しているのかも知れない。今後も取材を続けたいと思う。

     いずれにせよ、祖国に帰る飛行機も飛ばず、仕事もない、生活苦に陥る外国人への政府の施策はほとんどない中での〃共助〃ではないのか。そんな彼女たちへの「ハウマッチ」だ。情けなくてしょうがない。

     安全を確認し、追加のチョコを買って帰ろうとすると、彼女は胸の前で手を組んで、「ありがとうございました。あなたが幸せでありますように」と祈ってくれた。涙が出た。

     彼ら彼女らは決して流民ではない。この国で働いている人たちである。